山吹の花

  庭の山吹を飾っていたら、「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」といって、実がならないんだよ、と言って大田道灌の話をおしえてくれました。

 

 

 

 

若き日の太田道灌が蓑を借りるべくある小屋に入ったところ、若い女が何も言わず山吹の花一枝を差し出したので、道灌は怒って帰宅した。

 後に山吹には「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき」の意が託されていたのだと教えられ無学を恥じたということです。