患者さんから聞いたお話

簡単なお勧め熱中症対策ドリンクは、 ・グレープフルーツジュースなど100%ジュースを水で2倍に薄める これ、に塩をひとつまみ入れる
患者さんにまた、ためになるはなしをききました。 「武道館を皮切りに全国ツアーが開始されました」とか、何か物事をスタートさせる時の「皮切り」という言葉。その語源は実はお灸からはじまったそうです。...
「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」 太田道灌
酒造好適米の条件は、 ①大粒であること(精米で削っても無くならない)、②心白があること、③タンパク質や脂肪が少ないこと④吸水率が良いこと、⑤外硬、内軟性に富むことの5つが挙げられます。
酵母は日本酒造協会系酵母、自社蔵付酵母、それに各都道府県オリジナル酵母があります。協会系酵母には通常酵母と泡なし酵母、面白酵母があります。
ベルには日本酒の出自や特徴を読み解くヒントが表示されており、顔であり履歴書です。デ ザインで人々の目を引き付けると同時に、酒の生い立ちに関する様々な情報を表示する役目を 担っています。ラベルに表示されている言葉の多くは専門用語が使われており、内容を読み解 くためには、そういった専門用語を理解しておくことが必要です。
滋賀県は自然に富み、米(酒米)と水(伏流水)に恵まれています。  酒米(酒造好適米)は「滋賀渡船」系図の通り、酒米の王様と言われる山田錦が、短稈渡船(滋賀渡船2号:福岡県産の渡船の純系分離で育成)を父方、山田穂(*)を母方として大正12年に誕生しました。さらに、滋賀県が作った「吟吹雪」と言う酒米があり、これは山田錦と玉栄の交配種で、昭和59年に誕生しました。山田錦の栽培し難さを改良する目的で開発され、酒造適正は山田錦と遜色がなく吟醸酒用として使われています。
一度、テストしてみて下さい、お役に立ちますから。その日の体調でも多少のバラツキはありますが、体重60Kg(体重と肝臓の大きさはほぼ比例)前後の平均的な人で、一晩のアルコ ール分解時間(*1)を考慮すると、2単位(*2)が適量とされています。2単位を呑ん...
酒の字源(上図)、字の持つ意味についてお話をします。「酉(とり)」は酒を醸す壷を、氵(さんずい)は液体を表す象形文字です。医学の旧字体「醫」の下部も酉です。「酒は病を治す」との理由からきています。
焼酎の起源は正確には分からないようですが、少なくとも16世紀頃から造られていたとみられます。鹿児島伊佐市の郡山八幡神社には、永禄2年(1559年)に補修が行われた際に、大工が残した「焼酎も振る舞わないケチな座主だ」と言う内容の落書きが伝わっており、焼酎の飲用について日本国内で存在する最も古い文献です。

さらに表示する